OPEN CLASS

公開講座

プロジェクトで実施される精鋭講師陣による
事前授業・講座の一部を特別公開しています

FEB 23, 2019, 05:00PM - 08:00PM

オトナの政治経済 vol.83

very50主催 | イベント企画

開催日時 2019年02月23日(土)17:00〜20:00 申込〆切り:2019年2月21日(木)
開場時間 16:45
料金 5000 (後編と合わせてお申し込みいただくと、計9000円になります。)
定員 14人
開催場所 very50 大塚オフィス
東京都豊島区南大塚2-45-11 メゾンドールアム101
MAP >

このイベントは終了しました。

DETAIL

【平成の終わりから平成後の未来 前編】

約半年ぶりのオトナの政治経済です。
この授業は世界の情勢を知りながら視点を養い知的好奇心をくすぐり、
自分の情報感度を高めつつも、”知識太り”せずにきちんと自分の考えを養っていくことを目的にしております。

昭和がまさに終わろうとしている中で、平成の30年間を少しだけ振り返りつつ
世界の秩序が非常に大きく変わろうとしてるこの数年間、世界の見方を変える必要が出てきました。

ゲイツ出現後の世界 、 トランプ出現後の米国、中国の台頭・・

今年で平成が終わります。

平成の30年間を総括し、日本が、今取り組むべき課題と、進むべき方向を整理するという結構大変な作業に取り組んでみています。。

今回はvery50大塚オフィスのリニューアル後の初のオフィス開催で、これまでとは主旨を変えて人数を14名と限定をして、より質疑応答をしやすく、参加者の方のビジネスや活動、興味により沿った形に、より役立ちやすいように進行していくつもりです。
「菅谷ゼミ」という言い方もできると思います。

応募多数の場合は抽選となりますのでご留意ください。

内容:
・平成30年を振り返って日本と世界の変遷
・トランプが変えたもの~・世界はなぜ独裁化するのか?~
・デジタル化の威力と21世紀のルール
・途上国の2019年 (中国のEC事情から見えること)
・日産から見える日本の人材とリカレント
他多数・・



■オトナの政治経済とは
「社会を変えよう」といきり立っても、国内外の仕組みを知らなければいけません。70億人以上の人たちが繰り広げる世界中のストーリーから大事な考えや人間のシステムの理解,モノの考え方や見方をシャープにしてこそ、はじめて課題解決を仕掛けられる準備が整うと思います。

オトナとして知っておくべき政治経済を通じた思考力トレーニングでもあり、優秀な課題解決者としての教養・素養・常識としてこの授業をもうけています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日時】2月23日(土) 17:00〜20:00

【料金】5000円(ドリンク、軽い軽食あり)
※資料代込

☆今回の前編、4/13に予定している後編合わせての申込みで9000円となります。(1000円おトクです!)

【人数】14人限定
質問などを自由に交わしながら進めていきます。

【場所・住所】
very50 大塚オフィス
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-45-11 メゾンドールアム101

【アクセス】
JR大塚駅南口徒歩2分
*菅谷眼科の入っている茶色のビル内エレベーターの奥にございます。

【内容】
・平成30年を振り返って日本と世界の変遷
・トランプが変えたもの~・世界はなぜ独裁化するのか?~
・デジタル化の威力と21世紀のルール
・途上国の2019年 (中国のEC事情から見えること)
・日産から見える日本の人材とリカレント
・・他


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

講義内容は順次お届けしますが、参加者の皆さまからもご希望の情報をお伺いしたうえでテーマを取り上げていければと思っています。
取り上げてほしいテーマがあればryosuke.s@very50.orgまで。

※内容は当日まで旬の情報をお届けするために分かりません。上記は目安で変更の可能性もあります。



【参加者の方に期待していること】
(1)無知 → 常識への変化
 “知らなかった“を”知っている“(知識としてのinput)に変える。
(2)無関心 → 知的好奇心
 周囲に起きている事件が自分の生活や仕事に如何に影響があるかを知り興味が出てくる。
(3)無関与 → 責任感/論理思考
 ニュースに対する見方が、これまでは「ただ見ているだけ」だったのが、「自分で気づき解決法を考える&関わりたくなる」(output)に変える。

SPEAKER

菅谷亮介

1979年東京生まれ。
高校2年生時、全国音楽オーディションで作曲部門で合格。
以後、大学生活を送りながらも7年間を音楽を中心にプロキーボディストとして活動。
一方で、大学時代からアジア諸国を中心に医療分野における国際協力の活動に没頭。
将来的に自分で社会事業を興すことを決め、音楽の道を卒業し、勉強の為に会社員の道に転向。サラリーマン生活を経て、2008年に日本に帰国。
“人材づくり“が全ての世界の社会問題解決の基礎にあると感じて、08年6月にNPO法人 very50を創業。
高校生から大人までに対して、実践的なソーシャルビジネスの経営課題解決を通じた問題解決養成
プログラムのMoGを開発して提供をしている。これまで1000人以上がアジア10カ国42以上の社会企業でMoGに参加。

ENTRY

このイベントは終了しました

OPEN CLASS 公開講座