OPEN CLASS

公開講座

プロジェクトで実施される精鋭講師陣による
事前授業・講座の一部を特別公開しています

OCT 26, 2018, 06:30PM - 09:00PM

2028年に向けて、先生が知るべき3つの真実~先生のための政治経済@関東vol.1~

very50主催 | イベント企画

開催日時 2018年10月26日(金)18:30〜21:00 
開場時間 18:15
料金 無料 ※初参加ではない方は2000円を頂戴いたします。 (”先生奨学ファンド”にMOGの奨学金として使わせて頂きます。)
定員 30 人
開催場所 雑司が谷地域文化創造館 第3会議室
東京都豊島区雑司が谷3丁目1-7
MAP >

ENTRY

DETAIL

very50の創業者として、「SDGs×問題解決力プロジェクト」の教育プログラム:MoGの提案者として10年以上に渡り開発・提供をしてきた very50代表の菅谷がついに関東で「教員のための政治経済」を開催します。

高校教員の方の地力と視野を広げていくことこそが、日本の人材の基盤を作る最も大切なことと考えて、大阪で始まった「教員のための政治経済」。
菅谷がマッキンゼーや世界の問題解決の現場、15年以上に渡り高校生から50代の大人の問題解決教育を通じて見えてきた真実を教員の方々と共に学びシェアをしていく場になります。
※今回、教員の方限定イベントとしてご案内させて頂いておりますので、ご了承ください。

■イベントテーマ
『企業経営から学ぶ、高校が知るべき3つのこと』

2020年の新教育制度に合わせた改革をどの学校も準備をしていく中で、本当に重要なことは”10年後の卒業生”がどう活躍をしているか。未来を作り上げるのは10年後の生徒たち=未来を作り上げるのは先生方という言い方もできると思います。
創業以来、トップ校の大学生~上場企業の社員まで1000人以上をトレーニングをしてきたからこそ、感じる「高校生の内から学ぶべきこと」を考え抜きまとめてみました。

受験成果に重点を置く無意味さを多くの先生方が感じながらも制度や親のニーズからなかなか動けないなか、本来いまの高校生
たちに何を教えるべきなのかについて3つの観点から皆さんと学んでいきたいと思います。

■予定内容
ー前提で知るべきこと
・なぜ「仕事=人生」なのか? 
・マッキンゼーで学んだ世界の常識
・磨くべき能力のこと
・日本の世界におけるポジション
・親のニーズを無視する勇気(必ずしも親が正解ではない。)

ー知るべき3つのこと
1.SDGsの世界(途上国の台頭)と活躍の場としての途上国(可愛そうなのは日本という事実)
2.世界1の高齢者国家日本の世界の非常識とルール
3.AI時代に必要な能力開発と未来(シリコンバレーやイスラエルの世界)
※予定内容には変更の可能性もあります。情報は生ものでその時々に旬であることを伝えるという姿勢で
授業を進めているのでご了承ください。

■ネットワーキング
多くの先生方とのネットワーキングをはかれるように議論の場をもうけておりますので、積極的に参加ください。
※終了後、希望される方で近くで遅い夕食を取れればと思います。

■過去参加者出身高校
近大付属高校、常翔学園高校、箕面自由学園、京都橘高校、雲雀丘学園、大阪成蹊高校、平安女学院、大阪高校他・・

■主催:very50
http://very50.com/highschool-mog/

SPEAKER

菅谷 亮介(特定非営利活動法人very50 代表理事/創業者)

1979年東京生まれ。
大学時代からアジア諸国を中心に医療分野における国際協力の活動に没頭。将来的に自分で社会事業を興すことを決め、音楽の道を卒業し、勉強の為に会社員の道に転向。大手自動車関連企業、米国戦略系コンサルティングファームのサラリーマン生活を経て、2008年に日本に帰国。
“人材づくり“が全ての世界の社会問題解決の基礎にあると感じて、08年6月にNPO法人 very50を創業。高校生から大人までに対して、実践的なソーシャルビジネスの経営課題解決を通じた問題解決養成
プログラムのMoGを開発して提供をしている。これまで1000人以上がアジア10カ国42以上の社会企業でMoGに参加。

ENTRY

OPEN CLASS 公開講座