OPEN CLASS

公開講座

プロジェクトで実施される精鋭講師陣による
事前授業・講座の一部を特別公開しています

SEP 28, 2018, 06:30PM - 09:00PM

「女子高校生が考えるべき未来のこと」

very50主催 | 社会

開催日時 2018年09月28日(金)18:30〜21:00 申込〆切り:2018年9月26日
開場時間 18:15
料金 1,000円(資料代込)
定員 30人
開催場所 キャンパスプラザ京都2階 第3会議室

MAP >
対象者 中高教諭、興味のある学生(学生に関しては、席に限りがあるのでお断りする場合もあります。)

ENTRY

DETAIL

少子高齢化の時代のいま、私立の学校も淘汰されていく昨今で女子高の意義が薄れつつあると言われています。
事実経営が苦戦をしている女子高が多くある中で今の時代に女子高である意味を考える→女性のキャリア・人生形成にとって
社会に意味ある最良の教育機関であるために、学校がどうしていけばいいのかを教員だけでなく皆で考えていきたいと思います!

・ジェンダー・ダイバーシティと騒がれる理由(会社が女子に求めていること)
・女子生徒が4年後に経験をする社会のルール(女子生徒が直面する真実)
・女性のキャリアの現実を事実ベースで考える(どんな女性が日本の社会で活躍しているの?)
・出産で本当に仕事を辞めちゃう・辞めざるを得ない日本での自分の活かし方(育てていくべき能力)
・バリバリキャリアでいきたくない女子の本筋

■主催:very50×菊地昭男(平安女学院)
http://very50.com/highschool-mog/

■過去の参加高校
近大付属高校、常翔学園高校、箕面自由学園、京都橘高校、雲雀丘学園、大阪成蹊高校、平安女学院、大阪高校他

SPEAKER

菅谷 亮介(特定非営利活動法人very50 代表理事/創業者)

1979年東京生まれ。
高校2年生時、全国音楽オーディションで作曲部門で合格。
高校~大学にかけて学業と共にプロキーボディストとして活動。
一方で、大学時代からアジア諸国を中心に医療分野における国際協力の活動に没頭。
将来的に自分で社会事業を興すことを決め、音楽の道を卒業し、勉強の為に会社員の道に転向。
大手自動車関連企業、米国戦略系コンサルティングファームのサラリーマン生活を経て、2008年に日本に帰国。
“人材づくり“が全ての世界の社会問題解決の基礎にあると感じて、08年6月にNPO法人 very50を創業。
高校生から大人までに対して、実践的なソーシャルビジネスの経営課題解決を通じた問題解決養成
プログラムのMoGを開発して提供をしている。これまで1000人以上がアジア10カ国42以上の社会企業でMoGに参加。
2017年より38歳にして、ウカスカジー全国ツアーへの参加を皮切りに、再度音楽業界に復帰することに。
2足の草鞋をはく異色のキャリア。

ENTRY

OPEN CLASS 公開講座