先生のための政治経済~テクノロジー×エンタメ×教育×農業~

こんにちは!
NPO法人very50インターンの山本です。

先日1月19日に『先生のための政治経済@関東~テクノロジー×エンタメ×教育×農業~』
を開催しました。

大学センター入試試験と日程が重なってしまい、非常に忙しい時期ではありましたが20名近くの先生方に参加していただきました!
第三回目となる今回も様々なテーマについて計5回ほどのディスカッションを行い、より深い知識を身に着けて頂けるよう努めました。

そもそも「先生のための政治経済」とは代表 菅谷が先オトナの知力と視野を広げていくことこそ、日本で優秀な人材を育てる基盤を作る上で最も大切なことと考え大阪で始まった「大人の政治経済」というイベントから派生したモノで、関西圏では現在も社会人向けと教育者向けの政治経済イベントを月に1回~定期開催しております。

そして、前回から関東版「先生のための政治経済」として、関東圏の学校に勤務いらっしゃる教員の方々と共に「日本の教育の現場で求められていることは何か」、日本・世界の変動し続ける社会のニーズを多用な切り口から見つめ、考えを深めていく場を月1回を目安に開催していくことが決定いたしました。

~イベント内容~

イベントは、各テーブルで一緒に座った4~6名の先生方の軽い自己紹介から始まり、AirbnbやAmazonによる既存社会構造に対する影響。メディア、農業、健康と言った業界ではテクノロジーによってどのような変化が起こっているのかについて考えました

日々発展を続けるテクノロジーによって、現在の日本は、世界はどのように変化しているのか?また、新聞やニュースからだけでは中々知ることができない最新の動向についても、元外資コンサルタントならではの角度から講演することができました。

知っているよう意外と知らない、メディアコンテンツ、農業、小売り業界の悩みや、対策方法についてディスカッション時に真剣に考え込んでいた先生方の姿がとても印象的でした。

自分たちで考え抜いた後に菅谷が答え合わせをすると、中に感嘆の声を漏らし素早くメモに手を走らせる先生方もいらっしゃいました。

イベント終了後は、近くの先生と本日の内容について話し合ったり、菅谷に質問をしたりする姿が見られ教育者として慢心せず貪欲に学ぶ姿勢には感服させられました。
現在『第三回 先生のための政治経済@関東』は未定となっておりますので、決定次第随時very50のFacebookアカウントまたは、公式HPにてお知らせさせて頂きますので、引き続きフォローをよろしくお願いします。

今回参加してくださった先生方に加えて、新たにこのイベントに興味を持ってくださった先生は是非『第三回 先生のための政治経済@関東』にお越しください!
毎回、独立したテーマを取り扱いますので、気軽にお越しください。