『ついに始動』MoG in 大山 1日目

プロジェクト開始から約2か月、12月9日(水)にいよいよ

日本,韓国の各地からメンバーが集まる、MoG大山の現地プロジェクトが始まりました。

夜行バス,寝台特急,朝4時に起きて飛行機に乗ったメンバーが米子駅に集合しました。

やはり、東京に比べると外は寒い…と思いきや、この日は晴天で暖冬も手伝い

皆が思っているほど寒くない早朝でした。

のまど間にて、マーシー&アキさんと合流

車にのって、一路大山町へ。30分ほどで前泊組(柳,田島,石井)の待つ

のまど間(http://nomadoma-daisen.com/)へ到着。

のまど間在住のマーシーさんと、つい最近のまど間を卒業したアキさんとも合流しました。

プロジェクトの開始は14時からだったため、午前中を最大限活用し

地域おこし協力隊の2人に観光として案内をしてもらい、

新鮮なよそ者感覚から、大山町を評価する時間にあてました。

メンバー一同大山寺エリアを散策して、大山の荘厳さに

圧倒されっぱなしでした。

この日は、快晴で綺麗なそらと景色を見ることができました。

自然石で作られた日本最長の参道を体験。

実は、この先の天気予報はずっと一週間ずっと雨..。

しかし、さらに今年は暖冬(大山における降雪確認は観測開始以来もっとも遅かったそうです)

ということもありこの日の綺麗な景色を見れたのは幸運でした。

その後、大山支所にて観光課の方々と顔合わせとあいさつを交わし

準備期間の成果を発表しました。

①地域おこし協力隊:大山コンセプト委員会の進捗

②地域おこし協力隊:今後、自分がやっていきたい観光の形

③地域おこし協力隊:ヨーグルト事業の発表

④MoGer:ぺルソナ分析の結果

現状のコンセプトの進め方について。

①では、大山町のコンセプト委員会がコンセプト作りを

今までどのような人々と実施してきたのか。

今後どのように進めていくのか?が共有されました。

②で、地域おこし協力隊から出てきたのは、

「場所」ではなく「人」をベースにした観光を展開したい!

という報告。

本当に、熱い思いが伝わってきました。

③について、ここまで観光事業1つでしたが

今回のプロジェクトは観光だけでなく大山全体の魅力を上げる

ということで、新たにヨーグルト事業へのMoGを実施することになりました。

ラオスのXaoBanというヨーグルトNo.1ブランドの製法を使って

新鮮な大山の牛乳を使ったヨーグルト作りに挑もうとしています。

新たに大山のヨーグルト事業がテーマに

④についてMoGerからは大山町にやってくるお客さんの

重要度の高い部分であるペルソナ作成の結果が報告されました。

ヨーグルト事業のインターンも加わって議論を実施します。

事前に決定されていた、20代から30代の女性にアンケートを実施し

その情報をまとめ上げ、3つのペルソナを作成しました。

Facebookなどで皆さまに協力していただいた結果、集まったアンケートは

なんと115件!!!

その後のメンバーの頑張りもあり、とても質の高いペルソナ作成

となっていました。

発表のあと、ヨーグルト事業が加わるなど大きな動きがありました。

そこで、改めてチームが変更になりました。

a)コンセプトチーム

b)ツーリズムチーム

c)ヨーグルトチーム

それぞれのチームごとにミーティングを実施。

かなり0ベースで始まることとなったヨーグルトチームは

深夜の1時まで会議を実施しこの日は初日は終了いたしました。

今回のプロジェクトは第1期メンバー,第2期メンバーと続く

3月までのプロジェクトとなります。

12月20日までの第1期メンバーの活躍にご期待ください!

宿泊施設するのは、友好館です!