【MoG日誌】”平成最後の夏MoG” がついに始まりました!

今回のMoGの舞台はラオス、世界遺産の町「ルアンパバーン」!

いよいよ平成最後の夏MoGがスタートしました!
今回のMoGの舞台は東南アジア最後の秘境と呼ばれるラオス。町全体が世界遺産に登録されている「ルアンパバーン」を舞台に、総勢11名の大学生・社会人混合チームが集結しました。(+2名:日本から遠隔支援するstayメンバー)


ルアンパバーン、町の様子 
引用:http://www.geocities.jp/traveloose/diary/laos/luangphabang.html

今回のヨーグルトチーム(仮)に与えられたミッションは、ラオスの人気食品メーカー「Xao Ban」のルアンパバーン進出に伴う新規顧客獲得のための販売戦略立案と、一人でも多くの人に美味しさと健康を届けることです!

11名全員がそれぞれのスキル・個性を発揮し、Xao Banの未来を切り開く斬新な販売戦略を立案してくれることを期待しています!

Xao Ban創業者Nongnutとのキックオフミーティング


初日のメインイベントである、Xao Ban創業者Nongnutとのキックオフミーティング。ここで行うことは主に3つ。

(1)自己紹介

Nongnutさんと、夫のJoostさんの自己紹介から始まり、11名のメンバーがそれぞれ自分の簡単な経歴、時には冗談も交えながらお互いのことを時間をとりました。
多様なバックグラウンドを持っている方が多く、Joostさんは非常に関心を抱いている様子が印象的でした。

(2)Xao Ban設立の経緯、ビジョンの共有

自己紹介の後は、NongnutさんからXao Banを設立するに至った経緯、事業を通して実現したい世界(ビジョン)をみんなに説明して頂きました。
Nongnutさんと直接対面して話すのは初めてだったため、みんなからの質問は止まることなく、Nongnutさんが今回のMoGに求めること、Xao Banを通して将来実現したいことを根掘り葉掘り聞いていました!

そこで改めて認識できたこととして、NongnutさんはXao Banの事業を通して「一人でも多くの人に、美味しくて健康的な食品を届けること。特に、将来的には地元ラオスの人々に届けたい。」という強い想いでした。Xao Ban設立から20年間変わることなく持ち続けている想いに、皆心を打たれていました。

(3)各チームによる提案とQ&A

最後に、各チーム(営業・PR・商品開発)が日本で事前に考えてきた改善策を提案しました。
数ヶ月前に聞いていたXao Banの状況が変化していることもあり、当初推測していた課題とは若干異なっていたため、提案も現在のXao Banにうまくフィットする様子は海受けられませんでした。
ただ、面白く実現可能性の高い提案もいくつかあったので、NongnutさんもJoostさんも興奮して話を聞いているのが非常に印象的でした。

Xao Banのヨーグルト初体験!

夕食後は、みんなでXao Banの主力商品であるヨーグルトを試食。
甘すぎず、程よい酸味が売りのXao Banヨーグルトにみんな舌鼓を打っていました。
このヨーグルトをルアンパバーンを訪れる観光客にどう販売していくか楽しみです!

明日以降、いよいよ市場調査が本格始動!10日後の最終プレゼンに期待です!

現在、カンボジアでもMoG決行中です!そちらもぜひ、チェックしてみてください!

—————————————————————————
活動について詳しく知りたい方へ
—————————————————————————

●ご寄付について(Syncable 寄付用サイト)
https://syncable.biz/associate/very50

●募集中のプロジェクトについて
http://very50.com/project/list.php

●very50の活動について
http://very50.com/

●ご支援方法について(寄付・プロボノ・ボランティアなど)
http://very50.com/membership.php

●問い合わせ先
info@very50.com