【プレスリリース】探究型学習見学イベント開催のお知らせ 7/26-27
【7/26, 7/27開催のお知らせ】
京都橘・奈良育英・大商学園の高校生がカンボジアで現地起業家を支援
~渡航前の探究型授業見学イベントを開催します~

特定非営利活動法人very50 (本社:東京都豊島区、代表理事:菅谷 亮介) は、京都橘中学校・高等学校(所在地:京都府京都市、学校長:三輪欣之)と奈良育英高校、大商学園の3校の高校生とともに2019年8月よりカンボジアに渡航し、現地の社会起業家の支援を行う『SDGs課題解決型研修プログラム』を実施致します。また渡航前までは、日本にて経営支援を行うための情報収集や戦略作りを行います。ぜひ社会起業家支援に取り組む高校生の様子をご取材頂けましたら幸いです。

【取り組みの背景】
高等学校では、2022年より「探究の時間」が始まり、各学校では社会と自己との関わりの中で、自ら課題を発見することを重視した探究活動へのニーズや課題意識が高まっています。特に、変化の激しい社会で活躍できるグローバルな人材育成を目指して、持続可能な世界を実現するためのグローバル目標SDGs(Sustainable Development Goals)を扱う学校も増えてきています。そうした背景を踏まえ、今回、京都橘中学校・高等学校、奈良育英高等学校、大商学園高等学校の3校から選抜された高校生で「SDGsの問題解決プログラム」を実施することに致しました。高校生たちは、まず日本にて経営支援のために必要な知識について学び、実際の戦略作りを行います。その後、2019年8月18日よりカンボジアに渡航。現地の社会起業家と一緒になってカンボジア中を動き回り、実際の経営支援に取り組みます。

【高校生が支援するカンボジアの起業家について】
■起業家:Kolthyda Chumさん(カンボジア・シェリムアップ在住の女性社会起業家)
 幼少期よりポリオを患い国の保証を受けられずに苦しい想いをしながら、カンボジアの自然素材を使ったアクセサリーを生産、販売しています。

■企業名:Raindrop (http://www.raindropcambodia.com
(支援内容)
2019年6月より新しく開店するvery50の雑貨ショップ『N’s Cambodia』にて日本人観光客を集客戦略、店舗改善、新商品開発に挑戦します。高校生たちは一からビジネスを学び、どのようにしたら集客に成功し、適切なターゲットに商品が届くのか戦略を立て、施策の仮説検証までを行います。 ビジネススキルだけではなく、SNSなどを使ったクリエイティブな施策を織り交ぜながら、最終的にはカウンターパートであるKothydaさんの事業拡大の支援に挑戦します。

【本取り組みを通して】
高校生たちには、様々な要因が複雑に絡み合った社会課題に対峙することで、学んだ知識を実践にいかすとともに、高校生らしい自由な発想で解決の糸口を見出してくれることを期待しています。このような実践的な学びを経験していく中で、社会問題に関心を持ち、これからの社会を変革する人材を数多く輩出していきたいと考えております。 ご関心を頂けましたら、very50までお問い合わせください。

【開催概要】
日時:2019/7/26 (金) 14:30~18:30
   2019/7/27 (土) 14:30~18:30
会場:奈良育英高等学校
主催:特定非営利活動法人 very50 (http://very50.com/highschool-mog/

【当日、ご取材いただけること】
①高校生の事前学習の様子
(戦略策定や情報収集など) 
②社会起業家支援に臨む
高校生のインタビュー
③現地への出発の様子

【特定非営利法人very50(ベリーフィフティー)とは】
■代表者:菅谷亮介(すがやりょうすけ)
■住所:東京都豊島区南大塚2-45-11 メゾンドールアム101
■設立:2008年6月
国や人種に関係なく「自立した優しい挑戦者」を育て・応援をすることで世界をもっと面白くフェアな場所へと変えていきたいという想いから、2008年6月より途上国の社会問題解決を通じて高校生・大学生・ビジネスパーソン向けに、課題解決力・ビジネススキルを養成する実践型教育プログラムを提供を開始。本プログラムは、私立高校や企業を中心に導入を頂き、2017年アクティブ・ラーニング・アワード銀賞。2018年経済産業省「キャリア教育アワード(中小企業の部)では「優秀賞」を受賞するなど評価を頂いております。

(本件に関するお問い合わせ先)特定非営利活動法人 very50 (担当者名:井口 朋美)
携帯:070-4333-6181/ TEL:03-4405-4672/ Email:tomomi.i@very50.org